発表

国際会議/研究会発表
国内学会/研究会発表
その他の講演

国際会議/研究会発表

  1. Takehisa Hasegawa.
    Outbreaks in the SIR epidemics with multiple seeds - a statistical physics approach.
    The 2016 (26th) annual meeting of the Japanese Society for Mathematical Biology (JSMB2016), Fukuoka, September 7-9, 2016. (oral)
  2. Takehisa Hasegawa.
    Recent Problems of Network Science.
    The 8th International Congress on Industrial and Applied Mathematics (ICIAM2015), Beijing, China, August 10-14, 2015. (oral)
  3. Takehisa Hasegawa, Taro Takaguchi*, and Naoki Masuda.
    Network observability transitions with degree correlation.
    NetSci2014, Berkeley, US, June 2-6, 2014. (poster)
  4. Takehisa Hasegawa*.
    Bond percolation and site percolation in complex networks.
    International Joint Research Week on Non-Commutative Stochastic Systems: Analysis, Modelling, and Applications, Sendai, February 3-7, 2014. (oral)
  5. Takehisa Hasegawa, Taro Takaguchi*, and Naoki Masuda.
    Impact of Correlated Structure on Network Observability Transition.
    The 3rd International Symposium on Innovative Mathematical Modeling Institute of Industrial Science, Tokyo, November 12-15, 2013. (poster)
  6. Takehisa Hasegawa*.
    Classification of Phase Transitions in Complex Networks: a Monte-Carlo study.
    International Conference on Stochastic Analysis and Applications 2013, Hammamet, Tunisia, October 14-19, 2013. (invited)
  7. Takehisa Hasegawa*.
    Origin of the critical phase in complex networks.
    Mathematics of Complex Systems, Bielefeld, Germany, October 7-9, 2013. (invited)
  8. Takehisa Hasegawa*.
    Origin of the critical phase in complex networks.
    Phase Transition, Critical Phenomena and Related Topics in Complex Networks, Sapporo, September 9-11, 2013. (invited)
  9. Takehisa Hasegawa*.
    Classification of Phase Transitions in Complex Networks.
    Statistical Physics of Disordered Systems and its Applications 2013, Sendai, March 20-21, 2013. (invited)
  10. Takehisa Hasegawa*.
    Phase transition of bond percolation on nonamenable graphs and complex networks: a Monte-Carlo study.
    CREST "Kotani Team" Workshop "Random Media II", Sendai, September 3-7, 2012. (invited)
  11. Takehisa Hasegawa*.
    Percolation on complex networks and nonamenable graphs.
    ECT* Workshop "Spectral Properties of Complex Networks", Trento, Italy, July 23-27, 2012. (invited)
  12. Takehisa Hasegawa*.
    Vaccination strategy by network theory.
    The 2nd German-Japanese University Presidents’ Conference, Kyoto, March 29-30, 2012. (oral)
  13. Takehisa Hasegawa*.
    Novel Percolation Transition in Complex Networks and Nonamenable Graphs.
    Smart Workshop: Exploring Collaborative Mathematics, Sendai, March 13-14, 2012. (oral)
  14. Takehisa Hasegawa*, Tomoaki Nogawa, and Koji Nemoto.
    Percolation on complex networks and nonamenable graphs.
    Tunisian Japanese Symposium on Science, Society and Technology 2011, Hammamet, Tunisia, November 11-13, 2011. (oral)
  15. Takehisa Hasegawa*.
    Percolation on complex networks and nonamenable graphs.
    Stochastic Dynamics in Mathematics, Physics and Engineering, Bielefeld, Germany, November 2-4, 2011. (invited)
  16. Takehisa Hasegawa* and Naoki Masuda.
    Information cascade with aging of nodes in networks.
    the 9th Asia-Pacific Complex Systems Conference, Tokyo, November 4-7, 2009. (oral)
  17. Takehisa Hasegawa* and Tomoaki Nogawa.
    Monte-Carlo simulations for two-stage percolation transition of the enhanced trees.
    APS March Meeting 2009, Pittsburgh, USA, March 16-20, 2009. (poster)
  18. Takehisa Hasegawa*.
    Two-stage transitions on a nonamenable graph.
    International Symposium on Topological Science and Technology for Young Researchers 2009, Sapporo, March 3-5, 2009. (poster)
  19. Yusuke Ikeda*, Takehisa Hasegawa, and Koji Nemoto.
    Cascade dynamics on clustered network.
    Applications of Physics in Financial Analysis 7th International Conference, Tokyo, March 1-5, 2009. (poster)
  20. Tomoaki Nogawa* and Takehisa Hasegawa.
    Numerical Study of Multiple Phase Transitions on Nonamenable Graphs.
    International Conference on Complex Networks: The Past 10 Years and Future, Seoul, Korea, December 19-22, 2008. (poster)
  21. Takehisa Hasegawa* and Koji Nemoto.
    Analysis of unusual phase transitions on growing random trees.
    International Conference on Complex Networks: The Past 10 Years and Future, Seoul, Korea, December 19-22, 2008. (poster)
  22. Yusuke Ikeda*, Takehisa Hasegawa, and Koji Nemoto.
    Effects of clustering structure on information cascades.
    International Conference on Complex Networks: The Past 10 Years and Future, Seoul, Korea, December 19-22, 2008. (poster)
  23. Takehisa Hasegawa* and Koji Nemoto.
    Susceptibility of the Ising model on the growing random network model.
    NSC Winter Workshop 2008: Complex Nonlinear Dynamics ranging from Biology and Engineering, Sapporo, March 8-9, 2008. (oral)
  24. Takehisa Hasegawa* and Koji Nemoto.
    Ising model on the tree-like scale free networks bounded by leaves.
    the 23rd International Conference on Statistical Physics of the International Union for Pure and Applied Physics, Genoa, Italy, July 9-13, 2007. (poster)
  25. Takehisa Hasegawa* and Koji Nemoto.
    Real Space Renormalization Group Analysis with the Replica Method for the Two Dimensional Ising Spin Glass.
    International Symposium on "Topological Aspects of Critical Systems and Networks", Sapporo, February 13-14, 2006. (poster)

国内学会/研究会発表

  1. 岩瀬優太, 長谷川雄央*.
    数理モデルによるbimodal salience distributionの実現.
    第5回 Yokohama Workshop on Quantum Walks, 神 奈川大学, 2017年9月2日. (ポスター発表)
  2. 岩瀬優太*, 長谷川雄央.
    数理モデルによるbimodal salience distributionの実現.
    ネットワーク科学セミナー2017, 統計数理研究所, 2017年8月30日〜9月1日. (ポスター発表)
  3. 浮田裕基*, 根本幸児, 長谷川雄央.
    複雑ネットワーク上のパーコレーションにおける二段相転移の解析.
    ネットワーク科学セミナー2017, 統計数理研究所, 2017年8月30日〜9月1日. (ポスター発表)
  4. 岩瀬優太*, 長谷川雄央.
    Link Salienceによる日本航空路線ネットワークの辺の分類.
    日本物理学会第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月17日〜20日. (ポスター発表)
  5. 能川知昭*, 長谷川雄央.
    階層スモールワールドネットワーク上の確率過程におけるロバストな臨界性II.
    日本物理学会第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月17日〜20日. (口頭発表)
  6. 長谷川雄央*, 能川知昭.
    階層ネットワーク上のパーコレーションの性質.
    研究集会「無限粒子系、確率場の諸問題XII」, 奈良女子大学, 2017年1月21日〜22日. (口頭発表)
  7. 能川知昭, 長谷川雄央*.
    階層スモールワールドネットワーク上の確率過程におけるロバストな臨界性.
    日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学, 2016年9月13〜16日. (口頭発表)
  8. 根本幸児, 長谷川雄央*.
    複数の感染源が引き起こす感染症の爆発的拡がり.
    日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学, 2016年9月13〜16日. (口頭発表)
  9. 長谷川雄央*, 根本幸児.
    ネットワーク上の感染症における隔離対策の効果.
    日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学, 2016年9月13〜16日. (口頭発表)
  10. 長谷川雄央*, 根本幸児.
    複数の感染源を持つSIRモデルが起こすパーコレーション転移.
    日本物理学会2015年秋季大会, 関西大学, 2015年9月16日〜19日. (口頭発表)
  11. 羽刕勝紀*, 根本幸児, 長谷川雄央.
    意見共有とネットワークの共進化ダイナミクスにおけるリンク繋ぎ替えの効果.
    日本物理学会2015年秋季大会, 関西大学, 2015年9月16日〜19日. (ポスター発表)
  12. 中井直人*, 根本幸児, 長谷川雄央.
    極大独立集合の状態数.
    日本物理学会2015年秋季大会, 関西大学, 2015年9月16日〜19日. (ポスター発表)
  13. 根本幸児*, 長谷川雄央.
    複数の感染源を持つSIRモデルが起こすパーコレーション転移.
    統計物理の新展開2015, ラフォーレ伊東, 2015年6月19日〜6月20日. (口頭発表)
  14. 長谷川雄央*, 能川知昭, 近藤剛史, 根本幸児.
    階層ネットワークのランダム故障に対する脆弱性 II.
    日本物理学会2014年秋季大会, 中部大学, 2014年9月7日〜9月10日. (口頭発表)
  15. 能川知昭*, 長谷川雄央, 根本幸児.
    Bethe latticeのパーコレーションにおける無限大クラスタの個数.
    日本物理学会2014年秋季大会, 中部大学, 2014年9月7日〜9月10日. (口頭発表)
  16. 長谷川雄央*, 根本幸児.
    拡張SIRモデルにおける感染の爆発的な広がり.
    複雑ネットワーク・サマースクール2014, 東北大学, 2014年8月18日〜8月21日. (ポスター発表)
  17. 長谷川雄央, 高口太朗*, 増田直紀.
    次数相関のあるネットワークにおけるobservability転移.
    日本物理学会第69回年次大会, 東海大学, 2014年3月27日〜3月30日. (口頭発表)
  18. 能川知昭*, 長谷川雄央.
    ランダム階層スモールワールドネットワーク上のパーコレーションにおけるメタ転移.
    日本物理学会第69回年次大会, 東海大学, 2014年3月27日〜3月30日. (口頭発表)
  19. 長谷川雄央*, 能川知昭, 近藤剛史, 根本幸児.
    階層ネットワークのランダム故障に対する脆弱性.
    日本物理学会第69回年次大会, 東海大学, 2014年3月27日〜3月30日. (口頭発表)
  20. 長谷川雄央*.
    複雑ネットワーク上の相転移と臨界現象.
    統計物理の新展開2014, 北海道大学, 2014年3月4日〜3月6日. (口頭発表)
  21. 長谷川雄央*.
    グラフの双曲性から見る相転移.
    文科省共催SMART研究会「応用現代幾何学」, 東北大学, 2013年9月3日〜5日. (招待講演)
  22. 長谷川雄央*, 能川知昭.
    ネットワークにおける臨界点の一意性II.
    日本物理学会第68回年次大会, 広島大学, 2013年3月26日〜29日. (口頭発表)
  23. 長谷川雄央*.
    Percolation on nonamenable graphs and complex networks: a Monte-Carlo study.
    研究集会「無限粒子系, 確率場の諸問題VIII」, 奈良女子大学, 2012年10月20日〜21日. (口頭発表)
  24. 長谷川雄央, 根本幸児*.
    ネットワーク上における拡張SIRモデルの不連続転移.
    日本物理学会2012年秋季大会, 横浜国立大学, 2012年9月18日〜21日. (口頭発表)
  25. 能川知昭*, 長谷川雄央, 根本幸児.
    一般化スケーリング理論による真性特異点を持つ無限次元系の相転移の記述.
    日本物理学会2012年秋季大会, 横浜国立大学, 2012年9月18日〜21日. (口頭発表)
  26. 長谷川雄央*, 能川知昭.
    ネットワークにおける臨界点の一意性.
    日本物理学会2012年秋季大会, 横浜国立大学, 2012年9月18日〜21日. (口頭発表)
  27. 木下直人*, 長谷川雄央, 根本幸児.
    ネットワーク上のfad modelにおける相転移の数値解析.
    日本物理学会2012年秋季大会, 横浜国立大学, 2012年9月18日〜21日. (ポスター発表)
  28. 長谷川雄央*.
    複雑ネットワーク上の数理モデルの臨界点の単一性/非単一性.
    CMRU研究会「ネットワーク科学の数理と展開」, 東北大学, 2012年9月13日〜14日. (招待講演)
  29. 能川知昭*, 長谷川雄央, 根本幸児.
    無限次元グラフ上の臨界-秩序転移の多様性.
    CMRU研究会「ネットワーク科学の数理と展開」, 東北大学, 2012年9月13日〜14日. (ポスター発表)
  30. 木下直人*, 長谷川雄央, 根本幸児.
    ネットワーク上の fad model における相転移の数値解析.
    CMRU研究会「ネットワーク科学の数理と展開」, 東北大学, 2012年9月13日〜14日. (ポスター発表)
  31. 長谷川雄央*, 今野敬太, 根本幸児.
    感染が引き起こすネットワークのパーコレーション転移と次数相関の影響.
    第8回ネットワーク生態学シンポジウム, 慶應義塾大学, 2012年3月15日〜16日. (ポスター発表)
  32. 今野敬太*, 長谷川雄央, 根本幸児.
    感染が引き起こすネットワークのパーコレーション転移と次数相関の関係.
    日本物理学会2011年秋季大会, 富山大学, 2011年9月21日〜24日. (ポスター発表)
  33. 能川知昭*, 長谷川雄央, 根本幸児.
    Cayley treeとそのdual graphにおけるPotts modelの境界条件依存相転移.
    日本物理学会2011年秋季大会, 富山大学, 2011年9月21日〜24日. (口頭発表)
  34. 長谷川雄央*, 増田直紀.
    伝播する攻撃に対するネットワークの頑健性.
    日本物理学会第66回年次大会, 新潟大学, 2011年3月25日〜28日. (口頭発表)
  35. 長谷川雄央*, 増田直紀.
    ボロノイ分割に基づくカスケード故障モデル.
    日本物理学会2010年秋季大会, 大阪府立大学, 2010年9月23日〜26日. (口頭発表)
  36. 長谷川雄央*, 能川知昭, 根本幸児.
    複雑ネットワーク上の相転移の新しい有限サイズスケーリング解析.
    日本物理学会2010年秋季大会, 大阪府立大学, 2010年9月23日〜26日. (口頭発表)
  37. 今野敬太*, 長谷川雄央, 根本幸児.
    成長ネットワーク上の強磁性イジングモデルのモンテカルロシミュレーション.
    日本物理学会2010年秋季大会, 大阪府立大学, 2010年9月23日〜26日. (ポスター発表)
  38. 佐藤雅貴*, 長谷川雄央, 根本幸児.
    階層ネットワーク上のパーコレーションの母関数による解析Ⅲ.
    日本物理学会2010年秋季大会, 大阪府立大学, 2010年9月23日〜26日. (ポスター発表)
  39. 長谷川雄央*, 増田直紀.
    ネットワーク上の感染症のくちこみ予防対策の効果.
    第20回日本数理生物学会大会, 北海道大学, 2010年9月13日〜16日. (ポスター発表)
  40. 佐藤雅貴*, 長谷川雄央, 根本幸児.
    階層ネットワーク上のパーコレーションの母関数による解析Ⅱ.
    日本物理学会第65回年次大会, 岡山大学, 2010年3月20日〜23日. (口頭発表)
  41. 長谷川雄央*, 今野紀雄, 増田直紀.
    正方格子上の三状態感染症モデルの相図について.
    日本物理学会第65回年次大会, 岡山大学, 2010年3月20日〜23日. (口頭発表)
  42. 佐藤雅貴*, 長谷川雄央, 根本幸児.
    階層ネットワーク上のパーコレーションの母関数による解析.
    日本物理学会2009年秋季大会, 熊本大学, 2009年9月25日〜28日. (ポスター発表)
  43. 能川知昭*, 長谷川雄央.
    Enhanced tree上のPotts模型の相転移.
    日本物理学会2009年秋季大会, 熊本大学, 2009年9月25日〜28日. (口頭発表)
  44. 長谷川雄央*, 増田直紀.
    ネットワーク上のカスケード現象における頂点非活性化の効果.
    日本物理学会2009年秋季大会, 熊本大学, 2009年9月25日〜28日. (口頭発表)
  45. 長谷川雄央*, 今野紀雄, 増田直紀.
    正方格子上の3状態感染症モデルの有限サイズスケーリング解析.
    第19回日本数理生物学会大会, 東京大学, 2009年9月9日〜11日. (口頭発表)
  46. 長谷川雄央*, 能川知昭.
    Nonamenable graph上のmultiple phase transitionのモンテカルロシミュレーション.
    日本物理学会第64回年次大会, 立教大学, 2009年3月27日〜30日. (口頭発表)
  47. 長谷川雄央*.
    変わったグラフ上の相転移のシナリオ.
    DEX-SMI勉強会「疎結合系の統計物理」, 北海道大学, 2009年2月20日〜22日. (招待講演)
  48. 池田祐介*, 長谷川雄央, 根本幸児.
    クラスター性を持つネットワーク上におけるカスケードダイナミクスの解析.
    日本物理学会2008年秋季大会, 岩手大学, 2008年9月20日〜23日. (ポスター発表)
  49. 長谷川雄央*, 根本幸児.
    成長するネットワーク上のパーコレーション.
    日本物理学会2008年秋季大会, 岩手大学, 2008年9月20日〜23日. (ポスター発表)
  50. 長谷川雄央*, 能川知昭.
    Nonamenable graphにおける2段階パーコレーション転移.
    日本物理学会2008年秋季大会, 岩手大学, 2008年9月20日〜23日. (口頭発表)
  51. 長谷川雄央*, 根本幸児.
    成長するネットワーク上のイジングモデルの零磁場感受率.
    日本物理学会第63回年次大会, 近畿大学, 2008年3月22日〜26日. (口頭発表)
  52. 長谷川雄央*, 根本幸児.
    ツリー上のポッツモデルの解析.
    日本物理学会第62回年次大会, 北海道大学, 2007年9月21日〜24日. (ポスター発表)
  53. 長谷川雄央*, 根本幸児.
    ケイリー樹上のスピン系の解析.
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月18日〜21日. (ポスター発表)
  54. 長谷川雄央*, 根本幸児.
    端点付スケールフリーネットワーク上のイジングスピン系.
    第3回ネットワーク生態学シンポジウム, 中央大学, 2007年3月15日〜16日. (ポスター発表)
  55. 長谷川雄央*, 根本幸児.
    端点を考慮したスケールフリーネットワーク上のイジングスピンモデル.
    日本物理学会2006年秋季大会, 千葉大学, 2006年9月23日〜26日. (ポスター発表)
  56. 長谷川雄央*, 根本幸児.
    二次元スピングラスの実空間繰り込み.
    日本物理学会2004年秋季大会, 青森大学, 2004年9月12日〜15日. (口頭発表)

その他の講演

  1. 長谷川雄央.
    Characterizing and Modeling Weighted Networks.
    水戸数学・情報数理研究会2017, 中央ビル(水戸市), 2017年8月18日.
  2. 長谷川雄央.
    複数感染源を持つネットワーク上の感染症モデルの相転移.
    静岡大学工学部守田智研究室セミナー, 静岡大学, 2016年12月2日.
  3. 長谷川雄央.
    複数の感染源を持つ感染症モデルの振舞いについて.
    横浜国立大学今野・竹居研究室セミナー, 横浜国立大学, 2016年6月14日.
  4. 長谷川雄央.
    複数の感染源からスタートする感染症モデルのパーコレーション転移.
    第4回数学と諸分野との連携研究の探索, 東北大学, 2015年2月24日.
  5. 長谷川雄央.
    階層格子のサイトパーコレーション問題について.
    勉強会「Two or Three Things We Know About Statistical Mechanics」, 東北大学, 2014年12月22日〜23日.
  6. 長谷川雄央.
    疫病と人類の歴史.
    SMARTプログラム「数学と諸分野との連携探索:夏のセミナー合宿」, 照光寺 (長野県岡谷市), 2014年9月1日〜3日.
  7. 長谷川雄央.
    ネットワークの階層構造がもたらす結合の脆弱性.
    SMART研究会「ネットワーク数理の動向」, 東北大学, 2014年8月1日.
  8. 長谷川雄央.
    階層性の脆弱性.
    北海道大学物性理論I研究室セミナー, 北海道大学, 2014年6月16日.
  9. 長谷川雄央.
    階層性の脆弱性.
    横浜国立大学今野・竹居研究室セミナー, 横浜国立大学, 2014年6月10日.
  10. 長谷川雄央.
    階層ネットワークの故障に対する脆弱性.
    第3回数学と諸分野との連携研究の探索, 東北大学, 2014年1月31日.
  11. 長谷川雄央.
    ネットワーク上の噂の拡がりの数理モデル.
    SMART-CREST WORKSHOP「数学と諸分野との連携研究の探索」, 東北大学, 2013年3月19日.
  12. 長谷川雄央.
    Cheeger constant、hyperbolicity、traffic flowについて.
    研究会「双曲系の数理」, 東北大学, 2013年2月25日.
  13. 長谷川雄央.
    複雑ネットワーク上の感染症モデル.
    ソーシャルネットワークの構造とダイナミクス〜ヒトの社会活動の理解予測に向けて, 九州大学, 2012年2月6日〜10日.
  14. 長谷川雄央.
    ネットワーク・トポロジーと相転移現象の数理的関係の解明に向けて.
    数学連携シーズ探索ミニワークショップ, 東北大学, 2011年10月21日.
  15. 長谷川雄央.
    ユークリッド格子から遠く離れて:Nonamenable Graph と Complex Networkの相転移.
    東北大×北大 数学連携 Summer Institute, 北海道大学, 2011年8月24日.
  16. 長谷川雄央.
    複雑ネットワーク上のパーコレーションの相転移.
    情報数物研究会, 東北大学, 2011年7月8日.
  17. 長谷川雄央.
    伝播する攻撃に対するネットワークの頑健性.
    AMF第19回ワークショップ、東北大学、2011年6月8日.
  18. 長谷川雄央.
    ユークリッド格子から遠く離れて: Nonamenable GraphとComplex Networkの相転移現象.
    AMF第15回ワークショップ, 東北大学, 2010年12月8日.
  19. 長谷川雄央.
    複雑ネットワーク上で起こる相転移現象の理解に向けて.
    横浜国立大学今野・梶原研究室セミナー, 横浜国立大学, 2010年11月30日.
  20. 長谷川雄央.
    complex networkとnonamenable graph上の相転移のシナリオ.
    横浜国立大学今野・梶原研究室セミナー, 横浜国立大学, 2009年2月10日.

↑ PAGE TOP